8月, 2013年

メルマガ「おちゃのこ通信」第184号が配信されました。

2013-08-29

8月29日におちゃのこネットのメルマガ「おちゃのこ通信」第184号が配信されました。

 

こちらから内容を読むことができます。

 

おちゃのこ通信 184

 

 

 


最新刊『本当に病気を治す医者の選び方』まもなく発売です。

2013-08-28

本当に病気を治す

 

 

『本当に病気を治す医者の選び方』岡本裕著、アスコム刊、定価1100円(税込)

 

「病気を治すのは医者ではなくて患者本人である」
これは東洋医学にとっては大昔から当たり前のことですが、西洋医学全盛の日本ではほとんどの人が忘れてしまったか、勘違いしていて頭にありません。日本では「病気は医者が治すもの」「病院は大きければ大きいほどよい」「薬はどんどん飲むべきだ」といった間違った医療常識がはびこっています。

 

そのため、平均寿命こそ世界最高レベルですが、多くのお年寄りが寝たきりで苦しみながら最期を迎えます。ガンは死病とされ、一度かかったら治療のために体がボロボロになって死んでいきます。たとえ一時期は収まったとしても、それは治ったのではなく症状を抑えたに過ぎません。たいていは再発、転移で再び苦しめられることになります。なぜそうなるか。それはガンの根本原因を治していないからです。

 

「そういう医療の実態は間違っている」と大学病院医師の職を投げ打って立ち上がった医師がいます。彼は同じ志を持つ医師たちと、まったく新しい形の医療を選び、患者と正しく向き合って最適な治療法を選び出し、最適な医療機関を紹介して完治を目指す医療を始めました。余命宣言がなされて病院から見放された末期ガンの患者さんたちも、見放しません。似たような状況から生還した「ガン・サバイバー」たちとの交流をもとに、徹底した生活習慣の改善をベースに、ガンの原因を取り除きます。もちろん、必要に応じて3大治療(手術、放射線、抗ガン剤)も使いますが、東洋医学や民間療法も積極的に採り入れます。これで命を救われたガン患者が数え切れないほどいます。医師グループの中には、末期ガンからの生還者もいるほどですから。

 

そうした医師の会「e-クリニック」の創設者であり、リーダーが、本書の著者である岡本裕先生です。岡本先生はこれまでに大量の著書をお持ちですが、今回は「決定版」となる本を目指していただきました。岡本先生はやさしいけれど、「甘え」や「儲け主義」は許しません。たとえば今の病院が稼ぎの中心にしている高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病は、「病気ではない」と薬を出しません。それらは本人が強い意志をもって生活習慣を改善すれば100%治ってしまうものだからです。同様に、風邪は「寝ていれば治る」と薬を出しません。便秘も、下痢も同様です。人体には強力な自然治癒力があり、その力を活かして健康を取り戻そうとするのが本来の医療だと考えるからです。薬や手術はその手助けをするにすぎません。

 

岡本先生は薬の害を強く主張していて、「3種類以上の薬を同時に処方する医者を信用してはいけない」と語っています。西洋医学はエビデンス(証拠)のない治療を認めません。そのために複数の生薬を使用する東洋医学が健保の対象にならないわけですが、複数の薬を同時に服用したらどうなるかについては、何のエビデンスもないのです。これが西洋医学最大の矛盾になっています。実際、岡本先生が巡回している老人ホームでは、薬をやめさせたらボケが治った人がたくさんいます。降圧剤や睡眠薬、精神安定剤があまりに安易に使用され、それが常態化していると岡本先生は嘆いています。

 

今の医者がどうしてダメ医者なのか。それは薬のやめどきを指示しないことで明らかだと岡本先生は言います。「薬は副作用など体に害があることを知りながら、緊急避難的に症状を抑えるために使うものです。したがってできるだけ早く服用をやめなければなりません。それなのに薬を出し続けるのは、患者を治そうとするのとは別の力が働いていることを予想させます」

 

興味を持ったら、ぜひご一読を。9月2日ころ書店に並びます。

 

 


『病気にならない 蒸しショウガ健康法』が快進撃中です。

2013-08-25

DSC_0270

 

 

6月末に発売された『病気にならない 蒸しショウガ健康法』(石原新菜著・アスコム刊)が版を重ね、このたび4刷となりました。見た目は同じですが、左から初版、2刷、3刷、4刷です。1カ月と少しで4刷は、快進撃といえるでしょう。お手伝いした本が売れるのは、うれしいものです。


メルマガ「おちゃのこ通信」第183号が配信されました。

2013-08-25

8月8日におちゃのこネットのメルマガ「おちゃのこ通信」第183号が配信されました。

 

こちらから内容を読むことができます。

 

おちゃのこ通信 183

 

 


Copyright(c) 2016 出版工房・悠々社 All Rights Reserved.